生命保険と学資保険の相違点

保険の種類はたくさんありますが、生命保険と学資保険の違いはそこまでありません。
生命保険は入院や手術時、また死亡事に備えて加入するものです。
生命保険でも貯蓄型のものがありますが、それと似ているともいえるのが学資保険です。

学資保険は自分のことではなく、生まれた(もしくはこれから生まれる)子どもの将来のために、保険を使って貯蓄をおこなうというやり方です。
もちろん、対象者も違います。
生命保険はだれでも入れるのに対し、学資保険はほぼ親が加入するものでしょう。
また、積立のような考え方ではありますが、学資保険の元本割れという、払った量より貰った量の方が多い…という可能性があります。

金融が不安定なこともありますが、一時期に比べて元本割れの保険は多くなっていると言えます。
選ぶ際は、どこでどうすれば保険金が受け取れるか、満期はいつか、子どもが必要するお金はいくらぐらいだろうか、などということに関して深く吟味して決められるでしょう。

中には、災害や障害特約が付帯されたものもあります
文字通り地震などの災害、またそれによって負った障害などに応じて保障が与えられるものです。
また、契約者である親が亡くなった時のもあります。