年末調整の控除対象になる学資保険

年末調整、またはそれに伴う控除について、生命保険や学資保険の捉え方はどのようになっているのでしょうか。
控除を受けることは果たして出来るのでしょうか。

まず、年末調整とは企業などに努めている人が支払っている所得税などの税金を、一年で納付すべき金額と照らし合わせて、誤差分を控除することによって調整するというものです。
これが年末調整です。
基本的に企業に勤めているひとであれば行わなければなりませんし、普通は会社(会計)が行ってくれます。

さて、その年末調整において、控除となるものの種類に、生命保険など保険会社と契約している保険料も含まれています。
そこに、学資保険も含まれるのです。
申請する場合、支払っている保険料がわかるものが必要になりますが、無い場合は必ず学資保険の保険会社に相談して再発行してもらいます。

控除される金額は最高で5万円です。
面倒だからやらないではなく、年末調整は行った方が得なのです。

この年末調整に間に合わなかった場合は、自分で確定申告をすることになります。
自営業やフリーランスという勤務体系をとっている人もこちらに当たります。

やらないのは自分の損になります。
年末調整や確定申告を忘れずにしっかり行うようにしましょう。