学資保険が満期になる時の確定申告

貯蓄型の保険であれば、満期が来ると、まとまった金額を受け取ることができます。
子どものために貯蓄する学資保険も同じです。

満期になって保険金を受け取った場合、このお金は『所得』として扱われますので、所得税が掛かります。
ですが、申告をした際に、税金がかからなくなる場合もあります。

所得に対する課税の額は、収入の額や控除分などを考えて計算するので、結局税金が掛からなかったということもあります。
ですから、何か心配なことであれば、問い合わせをしてみて、現状を確認するのが一番でしょう。
そうすると納得できますし、あとあとややこしいことにならずに終えることができます。

中には学資保険を利用しないで、自分たちの貯蓄で何とかしたいからと普通の銀行預金を利用する方もいらっしゃいます。
こちらのメリットはやはり返戻率が高いhttp://extra.upper.jp/standard.htmlということです。
貯めていくお金が途中で無くなることもありません。
ただし、やはり将来のために確実に備えたい、不慮の場合にも対応したい、と考える場合、保険を用いるのは良いことです。
貯蓄であっても学資保険を利用するのであっても、子どもの今後のビジョンに併せ、望ましいと思えるものを選びましょう。
そうすることで子供を幸せに出来ます。