元本割れの心配がある学資保険

色々種類がある保険に自分が加入するとなった時、どのようなリスクを考えるでしょうか。
それはやはり、『何も起きなかった時、支払ったお金が無駄になる』ことや、『期待していた保険料が条件によって支払われない』こと、『保険会社の倒産』などが挙げられると思います。
保険に加入する際は、何も考えずに言われるがままに加入するのではなく、メリットとデメリットをしっかり理解し、自分でしっかり考えたうえで判断することが大切です。
それは、子どものために親が加入する学資保険に関しても同様です。

学資保険は、月々決められた金額を保険料として支払うことによって満期になったときにまとまったお金を受け取ることができます。
貯金と違い途中で引き落としすることはできないため、継続性が高い貯め方だと言えます。

ですが、学資保険のデメリットは元本割れが発生する可能性があるということです。
元本割れとは、元々支払っていた金額(保険料)の合計が、支払われる満期で受け取るお金よりも多いということです。
受け取るお金よりも、今まで支払ってきたもの方が高くなってしまうことです。
学資保険への加入を考えているならば、良いことだけではなく、そういったリスクに関して十分に把握しておきましょう。